先週末くらいから少しづつではありますが、本に動きが出てきております。
ただ、売れて行くのは嬉しいのですが、基本的に本を補充出来るのが週イチですので、売れると棚にスキマが・・・
まあこれは現状では仕方がありませんので、補充出来る時にはなるべく目新しい本でボチボチ棚埋めして行きたいと思っております。とりあえずは一応整理しておきました。


数日前、『週刊オリラジ経済白書』で「あの店はなぜつぶれないの?」というのを放映してましたね。
「はやらない古本屋が何故つぶれないのか?」というネタもありましたが、結構リアルな内容。
そういえば、かつて似た様な事を不定期日記で書いたような気もします。
(・・・ただ現実的には、はやらなくてつぶれている古本屋も結構ある?・・・)

でも、さすがに蜘蛛の巣の張っている店舗ではねえ・・・
わずか5棚ながらでも店舗販売する以上は、何かしら本を手にとっていただけるような棚(ご購入されるかされないかは別として)が出来れば良いのですが。

まあこれから徐々にという事で。