桜の季節が終わって、花粉症も多少マシに(今年はちょっとキツかったからなあ~)
といいつつ、早くもGWが近づいてきてるぞ。

まあ、商売柄個人的にはあまりGWは関係ありませんが、それでも商売としては気になる時期ですね。
ちょうど5月1~3日には谷町月いち即売会も開催されますし。

でも、さすがに今回は準備期間が短い・・・さて、どうする?
同時期に、四天王寺でも京都みやこメッセでも大きな即売会が開催されるしなあ・・・
まあそこは、何やかんやでいきますか(笑)

即売会の楽しみといえば、勿論好みの古本を探す事。
初日の朝イチから並んで、長年探していた稀少本を見つけた時の喜びは、お好きな方なら誰しも経験していると思います。
まあ、一度経験してしまうと、それが古本中毒の第一歩となってしまいますが(笑)

それはそれとして、ちょっと暇な時間帯に行って各書店のブースをじっくり眺めるというのも、個人的には結構好きです。
眺めてみると、それぞれのブースに各古書店さんの個性が出ているんですよね。

出品されている本自体は、当然ながら各古書店さんの取り扱い分野によって違ってきます。
でも、陳列に気を遣っているお店、割安感を前面に出しているお店、頑固なお店、流行に敏感なお店・・・etc.(???なお店も、正直な所ありますが・・・)
それを感じる事によって、当方自身も参考になる事が多々あります。

出品者側が楽しく感じなければ、お客様にもそれを共有出来ないのでは?
その気持ちは、ある程度持ち続けたいと思っております。
(まあ、状況によって出来ない場合もあるでしょうが・・・)

こんな事を書き始めると、まだまだ書きたい事はありますが・・・今日はこの辺で。

そんなこんなで?ついででも結構ですから、谷町にもお立ち寄り下さいませ。